UPDATE:2024.5.19

 あなたは番目のお客様です。(since 2004.4.26)

【猪名川天文台からのお知らせ】

大野アルプスランドの最新情報は猪名川町のHPをご確認ください。大野山山頂駐車場の様子をライブカメラで確認することもできます。


猪名川天文台でオーロラが見られました(2024年5月11日)

2024年5月8日(水)から複数回発生している大規模な太陽フレア・CME(コロナ質量放出)の影響で、猪名川天文台でも5月11日に「低緯度オーロラ」が見られました。
夕焼けが終わった後空一面に雲が広がっていましたが、時折の北の低空の雲の切れ間からうっすらと空が赤く染まっているのが見えました。
写真中央よりやや下の雲切れ間の空が少し薄い紫色に見えるのが低緯度オーロラです。


猪名川天文台の星空教室に参加して修了認定証をもらおう!
猪名川天文台では、プラネタリウムや50cm望遠鏡での天体観望・15cm望遠鏡での太陽観察などのほかに、ボランティアスタッフによる望遠鏡使い方教室などの天文教室プログラムを行っています。 これらのプログラムすべてにご参加いただいた方に「猪名川天文台 天文教室参加記録・修了証」を発行いたします。
①修了認定証の用紙は天文台で配布します。必要な方はスタッフに申し出てください。
②プログラム・教室に参加したら、天文台スタッフが確認欄に押印します。
対象となるプログラム・教室は以下の5つです。
1天体観望(50cm反射望遠鏡,15cm屈折望遠鏡(昼間の太陽))
2 プラネタリウム
3 双眼鏡使い方教室
4 望遠鏡使い方教室
5 天体写真撮影教室
③1~5の確認欄にすべて押印されたら、天文台長が修了認定欄に角印を押して完成となります。

プログラム・教室についてはこちらをご覧ください。


猪名川天文台の前まで車の乗り入れが必要な場合は必ず事前に連絡をお願いします

大野アルプスランドの駐車場から天文台までの区間は、車・単車の乗り入れは禁止しております。
但し、お体の不自由な方がおられるなど特別な理由がある場合は、車での乗り入れを許可いたしますので、必ず事前に天文台(072-769-0770)まで電話でご連絡をお願いします。


猪名川天文台は感染予防の為、以下の対策を実施しています

・1回の入館者数を最大15人に制限します
・入館受付は先着順とします(事前予約はできません)
・入館受付は20時30分までです
・混雑時は入館できない場合があります
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


天文台のイベントについてはこちらをご覧ください。

今夜の星空とティーブレイク【2024年5月】(第201号)をアップしました。

星にまつわる英語 第193号『Aurora』をアップしました。


【星空の風景】

しし座

しし座は、ライオンの姿を現した星座です。ししの大鎌と呼ばれる?マークを裏返したような星の並びで春の夜空に簡単に見つけることができます。このししの大鎌はライオンの頭の部分に相当します。この獅子の大鎌には、春の二重星として有名な、しし座のガンマ星のアルギエバがあります。肉眼では1つの星にしか見えませんが、望遠鏡で見ると2つの星が寄り添った姿を見ることができます。


【見ごろの天体】

M81(ボーデの銀河)

おおぐま座にある銀河で1774年にボーデが発見したことからボーデの銀河とも呼ばれています。渦巻状の銀河で明るくきれいに巻いている2本の腕が特徴的です。


【星たちの動き】

猪名川天文台のきれいな星空☆彡(20th Anniversary)

 猪名川天文台の20周年記念の動画を作成しました。
歌は、有咲りんさんの「Shooting star」です。

曲名:Shooting star
作詞 ・作曲・ 歌:有咲りん
編曲:品川明子
協力:Office SHINKOU株式会社
https://www.office-shinkou.site/

 


【恋人の聖地:大野アルプスランド】

天文台と恋人の聖地モニュメント(Two Rings)

恋人の聖地のモニュメントが天文台広場の南の端に設置されました。ぜひ見に来てください。
お二人の思い出となる最高の写真スポットです!

撮影:2020年11月5日

 


MENU