UPDATE:2020.7.11

 あなたは番目のお客様です。(since 2004.4.26)

【猪名川天文台からのお知らせ】

5月18日(月曜日)より大野アルプスランド作業道(下山道)安全対策工事を実施致します。
工事期間中に関しましては、大野アルプスランドに続く道が全面通行止めとなるため、猪名川天文台を休館と致します。
工事期間(予定):5月18(月曜日)~10月30日(金曜日)
※工事の進捗状況により上記期間は変更になる場合がございます。


今夜の星空とティーブレイク【2020年8月】(第156号)をアップしました。

星にまつわる英語 第147号『Eclipse Magnitude』をアップしました


【星空の風景】

さそり座

今の時期、日没後空がすっかり暗くなる頃に南の空を眺めると、S字型の星のならびを見つけることができます。これが、さそり座です。さそり座の心臓の部分には、1等星のアンタレスが真っ赤に輝いています。

この写真の中央上部の明るい星は木星です。今シーズンは木星は、いて座で輝いています。

撮影:畑田尚起 2019年8月4日


【見ごろの天体】

M27(あれい星雲)

はくちょう座β星(アルビレオ)と、いるか座α星の中間あたりにある大型惑星状星雲。双眼鏡でも小さな雲のような存在に見え、小型望遠鏡を使用すると「鉄亜鈴」のように見えます。形が鉄亜鈴のように見えることから「亜鈴星雲」として親しまれています。
写真に撮ると、カラフルなガスを噴き出している姿が写し出されます。

撮影:溝上義弘 2004年3月4日


【星たちの動き】

部分日食(無音)

6月21日の部分日食の当日は午後から空一面に雲が広がり雲を通しての観察となりましたが、食の最大の頃だけ雲が薄くなりかろうじて太陽の欠けた姿を観察することができました。

食の始め :16時06分
食の最大 :17時09分
食の終わり:18時06分

撮影:畑田尚起 2020年6月21日


 

MENU