猪名川天文台からのお知らせ

☆★ 月と惑星の観望会 ★☆

月のクレータと天王星と海王星を観よう!

 月の表面には隕石などが衝突してできたクレータがたくさん見られます。 月が欠けて見える時は、月の明るい部分と暗い部分の境目付近は太陽の光が真横から当たることになるので、クレータなどの月の表面の凹凸がとてもよく観察することができます。

 10月28日に衝を迎えた天王星が観望の好機となります。9月11日に衝を迎えた海王星も観望の好機を迎えています。
 天王星は明るさが5.7等、海王星の明るさは、7.8等ですので、小型の望遠鏡でも観察することができますが、 これらの惑星を猪名川天文台の50cmの反射望遠鏡で観ると、青緑色した円盤状に観ることができます。
 この機会に、猪名川天文台で月のクレータと天王星と海王星を観察しましょう。

     と き : 10月31日(木)・11月1日(金)・2日(土)・3日(日)・4日(月)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 惑星の観望会 ★☆

天王星と海王星を観よう!

 10月28日に衝を迎える天王星が観望の好機となります。9月11日に衝を迎えた海王星も観望の好機を迎えています。
 天王星は明るさが5.7等、海王星の明るさは、7.8等ですので、小型の望遠鏡でも観察することができますが、 これらの惑星を猪名川天文台の50cmの反射望遠鏡で観ると、青緑色した円盤状に観ることができます。
 この機会に、猪名川天文台で天王星と海王星を観察しましょう。

     と き : 11月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 深紅の星の観望会 ★☆

ケフェウス座のガーネットスターを観よう!

 ガーネットスターはケフェウス座の細長い五角形の底辺から、少しだけはみ出した位置にある星です。 その特徴は、名前のとおりガーネットのような深紅の色で、赤というよりも紫に見えるような気がするくらいに赤い星です。 明るさは4等級で肉眼でその色を確認することはできませんが、望遠鏡で観ると宝石のガーネットのように輝いて見えます。
 猪名川天文台の50cmの望遠鏡で、ガーネットスターを観察しましょう。

     と き : 11月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 冬の散開星団の観望会 ★☆

カシオペア座のET星団とペルセウス座の二重星団を観よう!

 ET星団は、カシオペア座にあるNGC457という散開星団に付けられた愛称です。 ET星団のETは、スピルバーグ監督の映画「ET」に出てくる宇宙人のことで、なんと、 散開星団の星のならびが宇宙人の形をしているのです! 2つの大きな目と体から伸びる長い手と短い足が、ETを連想させてくれます。
 二重星団はペルセウス座の散開星団です。ペルセウス座とカシオペア座の境界付近を、双眼鏡または小型望遠鏡で観察すると、2つの散開星団がよりそった二重星団を観ることができます。 視野いっぱいに星々がちらばり息をのむような美しさで、お勧めの天体の1つです。
 ぜひともこの機会に、猪名川天文台でET星団と二重星団を観察しましょう。

     と き : 11月21日(木)・22日(金)・23日(土)・24日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 惑星状星雲の観望会 ★☆

アンドロメダ座の青い雪だま星雲(NGC7662)を観よう!

 惑星状星雲は太陽と同程度の質量の恒星が死んだあとの姿で、ガスを噴出した姿が惑星のように見えることから惑星状星雲と呼ばれています。
 秋の星座のアンドロメダ座には、青い雪だま星雲と呼ばれる、惑星状星雲があります。 猪名川天文台の50cmの反射望遠鏡で観察すると、淡く青く輝く丸い姿を観察することができます。
 この機会に、ぜひとも猪名川天文台で青い雪だま星雲を観察してください。

     と き : 11月28日(木)・29日(金)・30日(土)・12月1日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 月と惑星の観望会 ★☆

月のクレータと天王星と海王星を観よう!

 月の表面には隕石などが衝突してできたクレータがたくさん見られます。 月が欠けて見える時は、月の明るい部分と暗い部分の境目付近は太陽の光が真横から当たることになるので、クレータなどの月の表面の凹凸がとてもよく観察することができます。

 10月28日に衝を迎えた天王星が観望の好機となります。9月11日に衝を迎えた海王星も観望の好機を迎えています。
 天王星は明るさが5.7等、海王星の明るさは、7.8等ですので、小型の望遠鏡でも観察することができますが、 これらの惑星を猪名川天文台の50cmの反射望遠鏡で観ると、青緑色した円盤状に観ることができます。
 この機会に、猪名川天文台で月のクレータと天王星と海王星を観察しましょう。

     と き : 12月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 冬の1等星の観望会 ★☆

冬の1等星の色の違いを観察しよう!

 冬の星空で最も明るく輝いているのがおおいぬ座のシリウスです。 このシリウスとオリオン座のベテルギウスとこいぬ座のプロキオンを結んだものが冬の大三角です。 さらに、シリウスとプロキオンとふたご座のポルックス、ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン、オリオン座のリゲルを結ぶと、冬の大六角形(冬のダイヤモンド)になります。
 この冬のダイヤモンドを構成する1等星をよく観察すると、色が、赤い星、オレンジ色の星、白い星、青白い星などがあります。実は星の色は星の表面温度と密接に関係しています。
 猪名川天文台の50cmの反射望遠鏡で星の色の違いをくらべてみましょう。

     と き : 12月12日(木)・13日(金)・14日(土)・15日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 冬の散開星団の観望会 ★☆

ぎょしゃ座のトリオ(M36,M37,M38)を観よう!

 冬はたくさんの散開星団を見ることができる季節です。 12月頃は北東の空に五角形のぎょしゃ座を観ることができます。 ぎょしゃ座の五角形の外から中にかけて、M37、M36、M38の順で散開星団が見られます。 三つの散開星団が並んでいるので散開星団トリオとも呼ばれています。
 冬の散開星団トリオを猪名川天文台の望遠鏡で観察しましょう。

     と き : 12月19日(木)・20日(金)・21日(土)・22日(日)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ 部分日食の観望会 ★☆

今年2回目の部分日食を観よう!

 2019年は部分日食の当たり年です。前回は1月6日(日)の午前でしたが、雪のために雲の切れ間から少し見えただけでした。 この部分日食の今年の2回目が12月26日(木)に起こります。猪名川天文台では、部分日食の終了後に日没を迎えます。
   食のはじめ:14時23分
   食の最大: 15時31分(最大食分:0.365)
   食の終わり:16時32分
猪名川天文台では、部分日食の観望会を実施します。猪名川天文台で欠けた太陽を観察しましょう。

     と き : 12月26日(木)
           14時00分〜17時00分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


☆★ オリオン星雲の観望会 ★☆

オリオン星雲とトラペジウムを観よう!

 オリオン星雲はオリオン座の三ツ星のすぐ下に縦に並ぶ小三ツ星の中心にある星雲です。 オリオン星雲は星間ガスの塊で、その中心部は今まさに星が誕生しているところです。 猪名川天文台の50cmの反射望遠鏡でオリオン星雲を観ると、星間ガスの微細な構造と誕生したばかりの四重星トラペジウムを観ることができます。
 猪名川天文台の望遠鏡で、星が生まれるオリオン星雲を観察しましょう。

     と き : 12月26日(木)・27日(金)・28日(土)
           18時30分〜21時30分
     ところ : 猪名川天文台
           雨天中止 申込不要 


戻る