UPDATE:2018.10.06
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】

★猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!詳しくはこちらをご覧ください。

★猪名川天文台のトップページのURLを変更いたしました。
 「ブックマーク」「お気に入り」等に登録いただいている方は変更をお願いします。



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、カリフォルニア星雲 NGC1499です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Local Group』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 遠ざかりつつある火星 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★月食観測情報に1月31日(水)の皆既月食の写真と動画を追加しました。

★ギャラリーに海王星の写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2018年10月4日(木)・5日(金)・7日(日)・8日(月)『アンドロメダ銀河を観よう』
★2018年10月6日(土)『天体写真教室』
★2018年10月11日(木)・12日(金)・13日(土)・14日(日)『二重星団とET星団を観よう』
★2018年10月18日(木)・19日(金)・20日(土)・21日(日)『フォーマルハウトと火星と土星と海王星を観よう』
★2018年10月25日(木)・26日(金)・27日(土)・28日(日)『火星と土星と天王星と海王星を観よう』
★2018年11月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)『アンドロメダ銀河(M31)とさんかく座の銀河(M33)を観よう』
★2018年11月8日(木)・9日(金)・10日(土)・11日(日)『青い雪だま星雲を観よう』
★2018年11月15日(木)『月面Xを観よう』
★2018年11月16日(金)・17日(土)・18日(日)『月と火星と天王星と海王星を観よう』
★2018年11月22日(木)・24日(土)・25日(日)『火星と天王星と海王星を観よう』
★2018年11月23日(金)『スマホで満月を撮影しよう』
★2018年11月29日(木)・30日(金)・12月1日(土)・2日(日)『二重星団を観よう』
★2018年12月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)『かに星雲(M1)とすばる(M45)を観よう』
★2018年12月13日(木)・15日(土)・16日(日)『月と火星と天王星と海王星を観よう』
★2018年12月14日(金)『ふたご座流星群を観よう』
★2018年12月20日(木)・21日(金)・22日(土)・23日(日)・24日(月)『冬の二重星を観よう』
★2018年12月27日(木)・28日(金)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2018年 8月18日(土)『第17回 いながわ星まつり』
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第134号)

 夜の時間も長くなり、澄み切った夜空を見ることができる季節となりました。 目を夜空に向けますと、秋の星座「アンドロメダ座」の銀河M31や「さんかく座」の銀河M33、そして、天頂付近には、秋の四辺形として有名な「ペガスス座」の 球状星団M15などが見られます。 望遠鏡を活用されますと美しい宇宙の姿がすみきった秋の夜空に浮かびあがります。是非、ご覧になってください。
 さて、10月の星空ですが、10月には2つの流星群が見られます。 ひとつは、10月9日に極大となる「10月りゅう座流星群」で、もうひとつは10月22日に 極大になると予想されております「オリオン座流星群」、 「りゅう座流星群」は新月で好条件、「オリオン座流星群は月齢13の明るい月があり、あまり条件は良くないのですが、3時以降、月も沈み好条件となります。
 10月18日、月齢9.3の月と火星が接近します。遠ざかる火星と月のツーショットをご覧になって下さい。また、24日には「おひつじ座」で天王星が衝となります。 まだまだ見える火星の模様やメラルドグリーンに輝く天王星の姿を猪名川天文台の大口径望遠鏡でご覧になって下さい。
 また、先月お知らせいたしました「ジャコビニ・チンナー彗星」は、9月の下旬から10月にかけて「いっかくじゅう座」から「おおいぬ座」にかけて移動します。 等級は8等程度になっているだろうと予測されております。少し暗いですが、写真に収めてみて下さい。
 夜の冷え込みが増します。観望されるときには「防寒対策は万全」に!
(みぞかみ よしひろ)

 
     【アンドロメダ銀河(M31)】





【ニックネーム・そっくり天体】

カリフォルニア星雲 NGC1499

【天体データ】
  星 座:ペルセウス座
  種 類:散光星雲
  距 離:1000光年
  視直径:145×40′
  位 置:赤経04h03.4m、赤緯+36°25′


  【カリフォルニア星雲 NGC1499】

 ペルセウス座ζ星のすぐ北側にある大きな散光星雲。地図のアメリカ合衆国カリフォルニア州に似ているところから 「カリフォルニア星雲」として呼ばれ親しまれている。ISO感度を上げれば、固定撮影でも楽しめるかも。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第126号)

Local Group

   読み:ロウカル グループ
   意味:局部銀河群

 なんだか雨がたくさん降った気がする9月が過ぎて、10月になりました。 運動会や文化祭も終わり、今から冬がやってくるまでの間、とても気持ちの良いシーズンですね。 この夏の空をにぎわせてくれた明るい惑星たちもだいぶ西に傾いてきましたが、まだまだ夜空で存在感を示しています。
 さて、秋の夜空といえば、明るい星が少なくて、なんだか少し寂しげ・・という季節のイメージにぴったりなのですが、その代わりに遠〜くの銀河まで見渡せる絶好の季節です。
 今月の英語「Local Group(読み:ロウカル グルウプ)」は、直訳すると「地方の集団」(?)ですが、星にまつわるLocal Groupは、私たちの住む銀河系を含む銀河の集団=「局部銀河群」のことです。 直径300万光年くらいの空間の中に、50個くらいの銀河が寄り集まっているらしいのですが、あまりに壮大な話でなかなか想像しにくいですよね。 ぜひ一度、Local Groupの外からその様子を眺めてみたいものです。
 猪名川天文台では、10月の初旬と11月の初旬に、「アンドロメダ銀河」や「三角座銀河」の観望会を開催します。 いずれも条件さえよければ肉眼でも見える明るく大きな銀河で、Local Groupの主要メンバーです。私たちと同じLocal Groupの仲間たちを、ぜひ猪名川の夜空からご覧ください
(まるちゃん)
 
     【Local Group(局部銀河群)】Mitakaで作成


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報

天の川観測情報  猪名川天文台から見た天の川の写真を追加しました。

彗星観測情報

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報  7月31日に大接近した火星が観望の好機です。

木星観測情報

土星観測情報  土星の観望もあとわずかです。




猪名川天文台
〒666-0292 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2018 Inagawa Observatory All Rights Reserved.