UPDATE:2019.03.10
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】



★猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!詳しくはこちらをご覧ください。



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、馬頭星雲 IC434です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Ray』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 オリオン座 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★日食観測情報に1月6日の部分日食の写真を追加しました。

★彗星観測情報にウィルタネンの写真を追加しました。

★ギャラリーに海王星の写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日))『カノープスチャレンジ』
★2019年3月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)『ぎょしゃ座の散開星団トリオを観よう』
★2019年3月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日)『月のクレータを観よう』
★2019年3月21日(木)『スマホで月の写真を撮ろう
★2019年3月22日(金)・23日(土)・24日(日)『春の二重星を観よう
★2019年3月28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)『おおぐま座の銀河とふくろう星雲を観よう』
★2019年4月4日(木)・5日(金)・6日(土)・7日(日)『しし座の三つ子銀河を観よう』
★2019年4月11日(木)・12日(金)・14日(日)昼:『水星を観よう』、夜:『月のクレータを観よう』
★2019年4月13日(土)『望遠鏡の使い方教室』
★2019年4月18日(木)・19日(金)・20日(土)・21日(日)『春の二重星を見よう』
★2019年4月25日(木)・26日(金)・28日(日)・29日(月)・30日(火)『子持ち銀河とソンブレロ銀河を観よう』
★2019年4月27日(土)『天体写真教室』
★2019年5月1日(水)・2日(木)・3日(金)・5日(日)『子持ち銀河とソンブレロ銀河を観よう』
★2019年5月4日(土)『天体写真教室
★2019年5月6日(月)『みずがめ座流星群を観よう』
★2019年5月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)『春の大曲線と春の大三角を観よう』
★2019年5月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)『春の二重星(コルカロリ、アルギエバ)を見よう』
★2019年5月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)『子持ち銀河とソンブレロ銀河を観よう』
★2019年5月30日(木)・31日(金)・6月1日(土)・2日(日)『おおぐま座の銀河とふくろう星雲を観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2018年11月 3日(土)『第51回 いながわまつり』に出展
★2018年 8月18日(土)『第17回 いながわ星まつり』
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第139号)

 3月21日の春分の日を過ぎると夜が昼よりもだんだん短くなりスターウォッチングにとっては残念な季節を迎えますが、 夜のきびしい冷え込みはやわらぎ、動きやすくなってきます。
 夜空に目を向けますと、今まで華やかに輝いていたおうし座、オリオン座、ふたご座などの冬の星座は西の空に傾き、 東の空からは、天頂に駆け登るしし座や冬眠から目を覚ましたおおぐま座など春の星座が昇ってきております。
 さて、3月の星空ですが、天頂付近には春の星座1番乗りを名乗るかに座を見つけることができます。 かに座は、由緒ある黄道十二星座の一つですが明るい星もなく星座としては目立ちませんが、 中心の甲羅の部分には英語でビーバイブ(蜂の巣)と呼ばれる明るく、大きな散開星団M44(プレセペ)があります。 暗い場所では肉眼でも確認でき、双眼鏡でも星ぼしの輝く美しさを十分楽しめます。 ぜひ一度ご覧になって下さい。ただし、天体望遠鏡で20倍以上倍率を上げると散開星団の一部しか見えなくなりますのでご注意を。
 また、3月2日の夜明け前、東の空では0.5等の土星と月齢25.0の月が、また3日には−4.1等の金星と月齢26.0の月が大接近する天体ショーが見られます。 東の空が開けた場所でご覧ください。
 観望されるときには「防寒対策は万全」に!
(みぞかみ よしひろ)

 
        【M44(プレセペ)】





馬頭星雲 IC434

【天体データ】
  星 座:オリオン座
  種 類:散光星雲
  距 離:1100光年
  視直径:60×10′
  位 置:赤経05h41.1m、赤緯ー02°25′


      【馬頭星雲 IC434】

 オリオン座のベルトにあたる三ツ星のζ星から南にのびる散光星雲。 馬の首にそっくりな暗黒星雲をバックにある散光星雲がシルエットのように浮かびあがらせている。 ほんとうに馬の首そっくりなのには納得させられる。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第131号)

Ray

   読み:レイ
   意味:光条(クレータの周囲に筋状に広がる模様)

 冬の寒さも次第に収まり、暖かく感じる日が増えてきました。ちょっと夜更かしして空を見上げると、大きなオリオン座が西の空に傾いていて、 冬の終わりを感じます。もうすぐ春かな?と期待も膨らみますね。
 さて、今月の星にまつわる英語は、久しぶりに月にまつわる「Ray(読み:レイ)=光条」です。 Rayといえば「X-ray=X線」のように“放射線”のイメージですが、今回のRayは「Crater(読み:クレイター)=クレーター」の周囲にまさに“放射状に”筋のように広がる模様のことです。 月の表面を望遠鏡で覗くと、たくさんのCraterが見えますが、よく見ると、Craterの穴を中心に四方八方に広がる筋が見えたりします。 これがRayです。猪名川天文台HPのギャラリーにある満月の写真でも、その様子が分かりますので、ぜひご覧になってみてください。 特に月面の下の方にある「Tycho(読み:ティコ/タイコ)」Craterの周りに長く伸びるRayは、分かり易いかなと思います。
 猪名川天文台では、3月21日に「満月の観望会〜スマホで満月の写真を撮ろう!!」と題して観望会を開催します。 この機会に、いつもなにげなく眺めている月の詳細な姿を、ぜひ猪名川の空からじっくりとご覧ください!
(まるちゃん)

 
          【Ray(Copernicus Crater )コペルニクスの光条】


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報  1月6日の部分日食の写真を追加しました。

天の川観測情報

彗星観測情報  ウィルタネンの写真を追加しました。

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報

木星観測情報

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0204 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2019 Inagawa Observatory All Rights Reserved.