UPDATE:2019.02.04
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】



★猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!詳しくはこちらをご覧ください。



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、バラ星雲 NGC2237です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Winter Hexagon』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 冬のダイヤモンド 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★日食観測情報に1月6日の部分日食の写真を追加しました。

★彗星観測情報にウィルタネンの写真を追加しました。

★ギャラリーに海王星の写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2019年1月31日(木)・2月1日(金)・2日(土)・3日(日)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』
★2019年2月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)・11日(月)『冬のダイヤモンドを観よう』
★2019年2月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日))『月のクレータとシリウスを観よう』
★2019年2月21日(木)・22日(金)・23日(土)・24日(日))『カノープスチャレンジ』
★2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日))『カノープスチャレンジ』
★2019年3月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)『ぎょしゃ座の散開星団トリオを観よう』
★2019年3月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日)『月のクレータを観よう』
★2019年3月21日(木)『スマホで月の写真を撮ろう
★2019年3月22日(金)・23日(土)・24日(日)『春の二重星を観よう
★2019年3月28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)『おおぐま座の銀河とふくろう星雲を観よう』
★2019年4月4日(木)・5日(金)・6日(土)・7日(日)『しし座の三つ子銀河を観よう』
★2019年4月11日(木)・12日(金)・14日(日)昼:『水星を観よう』、夜:『月のクレータを観よう』
★2019年4月13日(土)『望遠鏡の使い方教室』
★2019年4月18日(木)・19日(金)・20日(土)・21日(日)『春の二重星を見よう』
★2019年4月25日(木)・26日(金)・28日(日)・29日(月)・30日(火)『子持ち銀河とソンブレロ銀河を観よう』
★2019年4月27日(土)『天体写真教室』
★2019年5月1日(水)・2日(木)・3日(金)・5日(日)『子持ち銀河とソンブレロ銀河を観よう』
★2019年5月4日(土)『天体写真教室』
★2019年5月6日(土)『みずがめ座流星群を観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2018年11月 3日(土)『第51回 いながわまつり』に出展
★2018年 8月18日(土)『第17回 いながわ星まつり』
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第138号)

 2月4日は立春。暦のうえでは春となるのですが、2月の寒さは一段と厳しくスターウォッチングにとってはとても辛い時期を迎えます。防寒対策を万全に観望して下さい。
 さて、2月は、見れば長生きができる星として有名なりゅうこつ座にあるカノープスを見るチャンスの月でもあります。 カノープスは全天で2番目に明るい恒星で、おおいぬ座のシリウスが南中する頃、南の空低い位置に見つけることができます。 しかしとても低空のため、なかなか見ることができるチャンスは少ないですが、双眼鏡を活用するなど探してみてはいかがでしょう。 見ればきっと良いことがありそうです。猪名川天文台でも、カノープスを観るイベントを企画しておりますのでご参加ください。
 2月の星空ですが、今月は惑星たちが接近する天体ショーが夜空で数多く繰りひろげられます。 まず、1月31日木星と月(月齢24.8)、2月1日に金星と月(月齢25.8)が、そして2日には土星と月(月齢26.8)が明け方の東の空で接近します。 また、2月18日から19日にかけては金星と土星が大接近します。さらに2月13日には、火星と天王星が宵の空で大接近します。 惑星たちの接近を双眼鏡での観察やデジカメ撮影などで楽しんでみられてはいかがでしょう。
 さらに2月27日夕方、水星が東方最大離角となり、夕方の西の低空に観ることができます。 西側が開けた場所で探して下さい。観望されるときには「防寒対策は万全」に!
(みぞかみ よしひろ)

 
       【カノープス(2018.02.11)】





【ニックネーム・そっくり天体】

バラ星雲 NGC2237

【天体データ】
  星 座:いっかくじゅう座
  種 類:散光星雲
  距 離:5000光年光年
  視直径:80×60′
  位 置:赤経06h32.3m、赤緯+05°03′

 
       【バラ星雲 NGC2237】

 いっかくじゅう座ε星の東側にある大型の散光星雲。 花びらの中心にはNGC2244の散開星団があり、写真に撮るとその散開星団を包み込むように花びらが開き、 その姿がバラの花にそっくりなことから「バラ星雲」として呼ばれている。花びらの間には入り組んだ暗黒星雲も見える。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第130号)

Winter Hexagon

   読み:ウィンター ヘキサゴン
   意味:冬の六角形、冬のダイヤモンド

 雪が降ったり積もったり、本格的な真冬のシーズン到来です。 雪の中の星見は、それはそれは風情があってよいのですが、なんといっても“寒い!”ですので、たくさん着込んで、ちょっとだけ夜空を眺めるだけでも楽しめること請け合いです。 もちろん、さらにがっつり楽しみたくなったら、ぜひ猪名川天文台までお越しください!
 今回の真冬の星にまつわる英語は、「Winter Hexagon(読み:ウィンター ヘキサゴン)=冬の六角形」です。 日本では、「冬の六角形」よりも「冬のダイヤモンド」という名前の方が、馴染みがあるかもしれません。 冬の各星座を代表する一等星たち、「シリウス」「プロキオン」「ポルックス」「カペラ」「アルデバラン」「リゲル」をつないでできる、夜空いっぱいの大きな六角形です。 このWinter Hexagonの中に、以前このコーナーでご紹介した「Winter Triangle(読み:ウィンター トライアングル)=冬の大三角」もすっぽり収まっています。 こちらはHexagonの真ん中にあるオリオン座α星「ベテルギウス」が、「シリウス」「プロキオン」と一緒に作るきれいな正三角形です。
 猪名川天文台では、2月7〜11日にかけて「冬の一等星の観望会〜冬のダイヤモンドを観よう!」と題して観望会を開催します。 寒い中ですが、この機会にぜひ、冷たい夜空に輝くWinter Hexagonのダイヤモンドを、猪名川の空からご覧ください!
(まるちゃん)

 


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報  1月6日の部分日食の写真を追加しました。

天の川観測情報

彗星観測情報  ウィルタネンの写真を追加しました。

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報

木星観測情報

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0204 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2019 Inagawa Observatory All Rights Reserved.