UPDATE:2019.12.09
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】

★猪名川天文台で2018年末から2019年に撮影した動画・写真をまとめた動画
 「猪名川天文台のきれいな星空2019」を公開しました。
 歌は、いながわ星まつりの星空コンサートで歌っていただいた有咲りん さんです。ぜひご覧ください。

★8月10日(土)に『いながわ星まつり』を開催いたしました。

★猪名川天文台に来られた方の星空との記念写真をみんなのページに掲載しています。
 撮影は不定期開催となりますが、SDカードをご持参いただければ撮影した写真をお持ち帰りいただけます。





★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、青いゆきだるま NGC7662です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Open Cluster』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 猪名川天文台のきれいな星空2019 〜(クリックで再生・音楽付き)
  
 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2019年11月28日(木)・29日(金)・30日(土)・12月1日(日)『青い雪玉星雲を観よう』
★2019年12月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)『月と天王星と海王星を観よう』
★2019年12月12日(木)・13日(金)・14日(土)・15日(日)『冬の1等星の色くらべ』
★2019年12月19日(木)・20日(金)・21日(土)・22日(日)『冬の散開星団を観よう』
★2019年12月26日(木)『部分日食観望会』
★2019年12月26日(木)・27日(金)・28日(土)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』
★2020年1月4日(土)・5日(日)『月のクレータを観よう』
★2020年1月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)・13日(月)『冬の1等星のシリウスを観よう』
★2019年1月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)『二重星団を観よう』
★2019年1月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』
★2020年1月30日(木)・31日(金)・2月1日(土)・2日(日)『月のクレータとクリムゾンスターを観よう』
★2020年2月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・11日(火)『冬のダイヤモンドを観よう』
★2020年2月13日(木)・14日(金)・15日(土)・16日(日)『ぎょしゃ座の散開星団トリオを観よう』
★2020年2月20日(木)・21日(金)・22日(土)・23日(日)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』
★2020年2月27日(木)・28日(金)・29日(土)・3月1日(日)『カノープスチャレンジ』

<過去に実施したおもなイベント>
★2019年11月 3日(土)『第52回 いながわまつり』に出展
★2019年 8月10日(土)『第18回 いながわ星まつり』
★2018年11月 3日(土)『第51回 いながわまつり』に出展
★2018年 8月18日(土)『第17回 いながわ星まつり』
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第148号)

 12月は皆さんがお楽しみにしておりますクリスマスの時期を迎えます。この時期に合わせたように「はくちょう座」の沈む姿が十字架に変わります。 星空もクリスマスを盛り上げております。寒いですが時間を見つけて是非、はくちょう十字架を眺めてください。
 さて、今月の星空ですが、12月14日深夜には三大流星群のひとつである「ふたご座流星群」が極大を迎えます。 今年は、満月過ぎの月があり、月明かりがあり条件は決して良好ではありませんが頑張って観測して下さい。  12月21日には、「ブランペイン彗星」が近日点を通過します。いつも17等と暗い天体ですが、もしバーストすれば肉眼彗星になると期待されています。 12月上旬から下旬にかけて、みずがめ座からうお座を経てぺガスス座へと北上しますので、観測されてはいかがでしょう。
 また、12月26日の14時22分頃から16時32分頃(大阪のデーター時刻)にかけて部分日食が全国(時間は各地で少し相違します。)で見られます。 大阪では15時31分が食の最大となり、今回の最大食分は0.369となります。是非このチャンスを逃さず観測して下さい。 (太陽観測は失明の危険がありますので十分注意をして下さい。必ず日食メガネなどを利用するなど正しい観測方法を確認し、しっかりと減光対策を取って観測して下さい。)
 夜の冷え込みが増します。観望されるときには「防寒対策は万全」に!
(みぞかみ よしひろ)
 
              【部分日食日没帯食(2010.01.15)】





【ニックネーム・そっくり天体】

青いゆきだるま NGC7662

【天体データ】
  星 座:アンドロメダ座
  種 類:アンドロメダ座
  距 離:2200光年
  視直径:32×28′
  位 置:赤経23h25.9m、赤緯+42°31′


     【青いゆきだるま NGC7662】

 アンドロメダ座ι星の西側にある惑星状星雲。 望遠鏡で高倍率にすると青く丸い星雲状に見えることから「青いゆきだるま」のニッネームが付けられ親しまれている。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第140号)

Open Cluster

   読み:オウプン クラスター
   意味:散開星団

 12月、いよいよ令和最初の年も最後の月となりましたね。にぎやかな冬の明るい星達が、また夕暮れ後の夜空に戻ってきつつあります。 この時期に東の空から昇ってくるオリオン座を眺めると、いつもながら「今年も終わりだなあ」としみじみした気分になります。
 さて、今年最後の英語は「Open Cluster(読み:オウプン クラスター)=散開星団」です。 「星団」は、言葉のイメージ通り、星がぎゅっと集まった集団で、このうち球状に密集した星団は「Globular Cluster(グロウビュラー クラスター)=球状星団」、それ以外の比較的まばらに集まった星団が「Open Cluster」と分類されます。 星の集まり方はまさに十人十色で、それぞれにいろんな特徴があって、しかもそれが(星雲や銀河と比べて)目で見て分かり易い!ところが、なんといってもOpen Clusterの魅力! 1000年前、清少納言が「星はすばる」と枕草子で絶賛したのも、全天を代表するOpen Clusterの1つであるプレアデス星団でした。 たくさんあるOpen Clusterの中から、自分のお気に入りの星団を探すのも楽しいかもしれません。
 猪名川天文台では、12月19日〜22日にかけて「冬の散開星団の観望会〜ぎょしゃ座のトリオ(M36, M37, M38)を観よう!」と題して観望会を開催します。 ぎょしゃ座の五角形の中にうまく納まっているこれら3つのOpen Clusterトリオもそれぞれ特徴がありますので、ぜひ猪名川天文台の大望遠鏡で見比べてみてください。
では、今年も一年間お世話になりました。良いお年を!
(まるちゃん)

 
        【Open Cluster(M36,M37,M38)の位置】


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報  1月6日の部分日食の写真を追加しました。

天の川観測情報

彗星観測情報

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報

木星観測情報

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0204 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2019 Inagawa Observatory All Rights Reserved.