UPDATE:2019.01.12
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】



★猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!詳しくはこちらをご覧ください。



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、エスキモー星雲 NGC2392です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Periodic Comet』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 ウィルタネン彗星 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★日食観測情報に1月6日の部分日食の写真を追加しました。

★彗星観測情報にウィルタネンの写真を追加しました。

★ギャラリーに海王星の写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2019年1月4日(金)・5日(土)・6日(日)『オリオン星雲とクリムゾンスターを観よう』
★2019年1月6日(日)『部分日食を観よう』
★2018年1月10日(木)・11日(金)・12日(土)・13日(日)・14日(月)『月のクレータと火星を観よう』
★2018年1月17日(木)・18日(金)・19日(土)・20日(日)『冬の1等星を観よう』
★2018年1月24日(木)・25日(金)・26日(土)・27日(日)『冬の散開星団を観よう』
★2018年1月31日(木)・2月1日(金)・2日(土)・3日(日)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』
★2018年2月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)・11日(月)『冬のダイヤモンドを観よう』
★2018年2月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日))『月のクレータとシリウスを観よう』
★2018年2月21日(木)・22日(金)・23日(土)・24日(日))『カノープスチャレンジ』
★2018年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日))『カノープスチャレンジ』
★2018年3月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)『ぎょしゃ座の散開星団トリオを観よう』
★2018年3月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日)『月のクレータを観よう』
★2018年3月21日(木)『スマホで月の写真を撮ろう』
★2018年3月22日(金)・23日(土)・24日(日)『春の二重星を観よう』
★2018年3月28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)『春の二重星を観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2018年11月 3日(土)『第51回 いながわまつり』に出展
★2018年 8月18日(土)『第17回 いながわ星まつり』
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第137号)

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 猪名川天文台スタッフ一同、心から来台をお待ちしております。
 1月は寒さが非常に厳しく、スターウォッチングにとってはとても辛い時期になりますが、1等星を多く従えた冬の星座たちが一段と輝きを増して出迎えてくれますので寒い時期ですが、ウォッチングを堪能して下さい。
 昨年2018年末には、肉眼彗星ウィルタネン彗星が訪れ、彗星という天体を十分に楽しませてくれました。 2019年は、年初め1月6日と年末の12月26日の2回、部分日食が起こります。楽しみにしてください。
 さて、1月の星空ですが、新年早々4日に「しぶんぎ座流星群」が極大となります。放射点はりゅう座のイオタ星の近くにあります。 今年は月齢28の月ですのでほとんど月明かりを気にせず最高の観測条件でご覧になれます。頑張って観察して下さい。
 上記でもお話いたしましたが1月6日の午前、部分日食が見られます。 京都のデーターですが食の始めは8時40分、食の最大9時59分(最大食分0.385)、食の終り11時23分となります。 デジカメでの撮影や観望を楽しんで下さい。 (観望は太陽観望用メガネなどを使って正しい方法で観望して下さい。決して、黒のビニール袋、黒い下敷きなどを使用して観望しないで下さい。赤外線や紫外線透過し失明の危険があります。十分注意を払って観望して下さい。)
 当日猪名川天文台では8時30分から11時30分まで臨時開台いたしますので、是非お越しください。お待ちしております。
(みぞかみ よしひろ)

 
     【部分日食(2010.01.15)】





【ニックネーム・そっくり天体】

エスキモー星雲 NGC2392

【天体データ】
  星 座:ふたご座
  種 類:惑星状星雲
  距 離:2800光年光年
  視直径:47×43′
  位 置:赤経07h29.2m、赤緯+20°55′


     【エスキモー星雲 NGC2392】

 ふたご座とδ星の東南東にある惑星状星雲。 望遠鏡で高倍率にするとフードを被ったエスキモーの顔に見えることから「エスキモー星雲」のニックネームが付けられ親しまれている。 エスキモーの顔まで見ようとするならば、やはり大口径・高倍率そして好シーイングの条件が必要となる。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第129号)

Hare

   読み:ヘア
   意味:野うさぎ、うさぎ座の愛称

 2019年、明けましておめでとうございます。毎年恒例で恐縮なのですが、おかげさまで、2008年1月に始まったこのコーナーも12年目に突入しました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします!
 新年最初の英語は、今年の干支ではないのですが、「Hare(読み:ヘア)=野うさぎ」です。星にまつわる?のはなぜかといえば、冬の夜空にもこの“Hare”がいるためです。 場所はかの有名な「Orion(読み:オライオン)=オリオン座」の足下、南天低くにいくつかの星が並んでいるのが見えたら、 紀元前の人々が考えた歴史の古い星座の1つ「Lepus(読み:レパス)=うさぎ座」です。普通“うさぎ”といえば英語は“Rabbit”?かなと思いますが、 Rabbitは“穴うさぎ”のことで、耳も体も大きいHareとは“うさぎ”の種類が違うみたいです。 この夜空のHareには明るい星は少ないですが、深紅の色合いで有名な「Hind’s Crimson Star(読み:ハインズ クリムゾン スター)=ハインドの深紅の星」が見どころの一つになっています。
 猪名川天文台では、1月4〜6日にかけて「オリオン星雲と深紅の星の観望会〜オリオン星雲とうさぎ座のクリムゾン・スターを観よう!」と題して観望会を開催します。 猪名川の夜空から、オリオンの足下のHareの姿と共に、真っ赤なCrimson Starをぜひご覧ください。
そうだ!今年も、猪名川天文台へ行こう!
(まるちゃん)

 
       【Hare(うさぎ座)】


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報  1月6日の部分日食の写真を追加しました。

天の川観測情報

彗星観測情報  ウィルタネンの写真を追加しました。

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報

木星観測情報

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0204 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2018 Inagawa Observatory All Rights Reserved.