UPDATE:2018.11.07
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】

★猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!詳しくはこちらをご覧ください。

★猪名川天文台のトップページのURLを変更いたしました。
 「ブックマーク」「お気に入り」等に登録いただいている方は変更をお願いします。



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、アイリス星雲 NGC7023です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Planetary Nebula』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 カシオペア座 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★月食観測情報に1月31日(水)の皆既月食の写真と動画を追加しました。

★ギャラリーに海王星の写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2018年11月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)『アンドロメダ銀河(M31)とさんかく座の銀河(M33)を観よう』
★2018年11月8日(木)・9日(金)・10日(土)・11日(日)『青い雪だま星雲を観よう』
★2018年11月15日(木)『月面Xを観よう』
★2018年11月16日(金)・17日(土)・18日(日)『月と火星と天王星と海王星を観よう』
★2018年11月22日(木)・24日(土)・25日(日)『火星と天王星と海王星を観よう』
★2018年11月23日(金)『スマホで満月を撮影しよう』
★2018年11月29日(木)・30日(金)・12月1日(土)・2日(日)『二重星団を観よう』
★2018年12月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)『かに星雲(M1)とすばる(M45)を観よう』
★2018年12月13日(木)・15日(土)・16日(日)『月と火星と天王星と海王星を観よう』
★2018年12月14日(金)『ふたご座流星群を観よう』
★2018年12月20日(木)・21日(金)・22日(土)・23日(日)・24日(月)『冬の二重星を観よう』
★2018年12月27日(木)・28日(金)『オリオン星雲とトラペジウムを観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2018年11月 3日(土)『第51回 いながわまつり』に出展
★2018年 8月18日(土)『第17回 いながわ星まつり』
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第135号)

 11月は、夜の時間も長く、また透明度の良い星空を見ることができます。 星空に目を向けますと、天頂付近にはギリシャ神話でもおなじみのW字の「カシオペア座」や、カシオペア座の南側には「アンドロメダ座」を見ることができます。 他にも「ケフェウス座」、「ペルセウス座」「くじら座」などギリシャ神話にまつわる数多く星座がご覧になれますので探して楽しまれてはいかがでしょう。
 11月の星空ですが、「おうし座流星群」が11月6日頃に南流星群、13日頃に北流星群が極大と予測されております。 南流星群は月齢28、北流星群は月齢5となりますので、月明かりを心配せず観測ができます。 また、「しし座流星群」は18日が極大となり、月齢10の月明りがありますが、「しし座」が昇る時には沈みますので月明かりも気にせず観測ができます。
 11月11日には月齢3.7の月と土星が、16日には月齢8.7の月と火星が接近します。 また、15日の朝方には金星とおとめ座の1等星スピカが大接近します。双眼鏡や望遠鏡を活用し観望して下さい。 金星とスピカの接近では、望遠鏡低倍率で三日月の金星とスピカの白く輝く姿を同視野にご覧になれます。
 夜間の冷え込みは、だんだん厳しくなってきます。防寒対策は万全に! 
(みぞかみ よしひろ)

 
          【カシオペア座】





【ニックネーム・そっくり天体】

アイリス星雲 NGC7023

【天体データ】
  星 座:ケフェウス座
  種 類:散光星雲
  距 離:1300光年
  視直径:18×18′
  位 置:赤経21h02.0m、赤緯+68°10′


     【アイリス星雲 NGC7023】

 ケフェウス座α星アルデラミンの北北西にある散光星雲(反射星雲)。 この付近の星間ガスが恒星光に反射して見える星雲で、その姿があやめに似ていることから「アイリス星雲」の愛称で呼ばれている。 青く淡い星雲の色合いもあやめによく似ている。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第127号)

Planetary Nebula

   読み:プラネタリー ネビュラ
   意味:惑星状星雲

 つい先日まで、「暑いなー早く涼しくならないかなー」と思っていた気がしますが、急に日中も涼しくなり、夜は寒いくらいになりました。 夜空を見に外に出ると、早くも「早く暖かくならないかなー」なんて思ったりして、思わず自分でも笑ってしまいます。
 秋の夜空といえば、先月ご紹介したLocal Group(=局部銀河群)のGalaxy観望がなんといっても第一のお薦めコースですが、その他にもいろんな見どころがあります。 そのうちの1つが、今月の英語「Planetary Nebula(読み:プラネタリー ネビュラ)=惑星状星雲」を巡るコースです。 Planetary Nebulaとは、名前の通りPlanet(=惑星)のように丸く光って見えるNebula(=星雲)のこと。 筆者のお勧めの名所は、南天の「Aquarius(読み:アクエリアス)=みずがめ座」にある「Helix Nebula(読み:ヘリックス ネビュラ)=らせん状星雲」と、 天頂高くの「Andromeda(読み:アンドロメダ)=アンドロメダ座」にある「Blue Snowball(読み:ブルー スノウボール)=青い雪だるま」と呼ばれるPlanetary Nebulaです。 特に2015年秋にこのコーナーでもご紹介したBlue Snowballは、その青白く輝く姿がとても印象的でお勧めです。 猪名川天文台HPのギャラリーにも写真がありますので、ぜひご覧ください!
 猪名川天文台では、11月8〜11日にかけて「惑星状星雲の観望会〜アンドロメダ座の青い雪だるま星雲(NGC7662)を観よう!」と題して観望会を開催します。 数千光年の彼方に浮かぶ宇宙の雪だるまの生の姿を、ぜひ猪名川の夜空から堪能してください!
(まるちゃん)
 
 【Blue Snowball (NGC7662)青い雪だるま星雲】


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報

天の川観測情報  猪名川天文台から見た天の川の写真を追加しました。

彗星観測情報

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報  7月31日に大接近した火星が観望の好機です。

木星観測情報

土星観測情報  土星の観望もあとわずかです。




猪名川天文台
〒666-0292 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2018 Inagawa Observatory All Rights Reserved.