UPDATE:2018.05.06
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】

★猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!詳しくはこちらをご覧ください。

★猪名川天文台のトップページのURLを変更いたしました。
 「ブックマーク」「お気に入り」等に登録いただいている方は変更をお願いします。



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、黒目銀河 M64です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Herdsman』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。



       ↑↑↑ここをクリックすると、たくさんの星空の動画を観ることができます。

★今月の「星たちの動き」は、〜 木星 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★月食観測情報に1月31日(水)の皆既月食の写真と動画を追加しました。

★ギャラリーにカシオペア座付近の天の川いて座付近の天の川の写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2018年5月3日(木)『天体写真教室』
★2018年5月4日(金)・5日(土)・6日(日)『金星と木星を観よう』
★2018年5月10日(木)・11日(金)・12日(土)・13日(日)『金星と木星を観よう』
★2018年5月17日(木)・18日(金)・19日(土)・20日(日)『木星とソンブレロ銀河を観よう』
★2018年5月24日(木)・25日(金)・26日(土)・27日(日)『月と金星と木星を観よう』
★2018年5月31日(木)・6月1日(金)・2日(土)・3日(日)『木星とガリレオ衛星を観よう』
★2018年6月7日(木)・8日(金)・9日(土)・10日(日)『おおぐま座の銀河(M81、M82、M101)と、ふくろう星雲を観よう』
★2018年6月14日(木)・15日(金)・16日(土)・17日(日)『おとめ座銀河団を観よう』
★2018年6月21日(木)・22日(金)・23日(土)・24日(日)『金星と木星と土星を観よう』
★2018年6月28日(木)『ストロベリームーンを観よう』
★2018年6月29日(金)・30日(土)・7月1日(日)『金星と木星と土星を観よう』
★2018年7月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)『おりひめ星とひこ星を観よう』
★2018年7月12日(木)・13日(金)・14日(土)・15日(日)・16日(月)『水星を観よう』『球状星団M13と惑星状星雲M57を観よう』
★2018年7月19日(木)・20日(金)・22日(日)『金星と木星と土星を観よう』
★2018年7月21日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2018年7月26日(木)・27日(金)・28日(土)・29日(日)『火星を観よう』
★2018年7月29日(日)『渡部潤一先生講演会(猪名川文化体育館小ホール・事前予約制)』
★2018年7月31日(火)『大接近の火星を観よう(臨時開台・事前予約制)』

<過去に実施したおもなイベント>
★2017年11月 3日(金)『第50回 いながわまつり』に出展
★2017年 8月26日(土)『第16回 いながわ星まつり』
★2017年 7月30日(日)猪名川天文台が来台者10万人を達成しました!
★2017年 6月24日(土)『猪名川天文台開台15周年記念講演会』
★2016年12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第129号)

 新緑がとても美しい季節となりました。黄砂・春霞など少し気になるところがありますが、 5月はゴールデンウィークなど休日が多いので、夜ふかしをしてスターウォッチングが楽しめます。
 宵の頃夜空に目を向けますと、春の星座の代表でもある「しし座」が天頂南付近でのんびりと横たわっております。 この「しし座」、1等星レグルスから頭にあたる部分の星の並びがハテナマークを裏返しにした形をしており、 この形が西洋の草刈り鎌に似ていることから「ししの大鎌」と呼ばれております。 また、この「しし座」の後ろ足には仲良く3つの銀河(M65、M66、NGC3628)があります。 この銀河たちは、2700万から3500万光年のかなたの銀河で、低倍率で同一視野に納まりその姿を楽しめますが、 この機会に猪名川天文台の大口径望遠鏡で高倍率にクローズアップした銀河も、ぜひご覧になってください。宇宙の神秘が感じられますよ。
 さて、5月の星空ですが、6日未明にあのハレー彗星を母天体とする“みずがめ座η星流星群”が極大を迎えます。 今年は下弦前の月明りがあり好条件とはなりませんが頑張って観測して下さい。 9日に太陽系最大の惑星「木星」が「てんびん座」で衝を迎え観望好期となります。 大赤斑を含むも木星の縞模様やガリレオ衛星の観望チャンスとなりますので楽しんで下さい。 また、5月の上旬の深夜以降になりますが、木星(1日)をはじめ、土星(5日)や火星(7日)に月が接近する天体ショーが見られます。観望されてはいかがでしょう。 
(みぞかみ よしひろ)

 
       【しし座 M65、M66、NGC3628 】





【ニックネーム・そっくり天体】

黒目銀河 M64

【天体データ】
  星 座:かみのけ座
  種 類:銀河
  距 離:1180万光年
  視直径:6.5×3.2′
  位 置:赤経12h56.8m、赤緯+21°41′

 
       【黒目銀河 M64】

 かみのけ座α星とγ星を結ぶ線上、ややα星よりにある渦巻き銀河。銀河の中心に暗黒部分があり、その姿が黒目のように見えることから「黒目銀河」と呼ばれている。
 黒目銀河を楽しむためには、口径20p以上の望遠鏡が必要である。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第121号)

Herdsman

   読み:ハーズマン
   意味:遊牧民、“うしかい座”の愛称

 春本番、暖かくて気持ちのよい季節です。冬の星々が西に傾き、春の夜空に入れ替わってきました。 春の星といえばなんといっても「Big Dipper(読み:ビッグ ディパー)=北斗七星」ですが、 こちらは「Great Bear(読み:グレイト ベア)=大きな熊=“おおぐま座”の愛称」の尻尾の部分。 Big Dipperの大きさを見ると、本体の熊がいかに大きいかよく分かります。こんな風に、なぜか春の星座はとにかく1つ1つが大きい!気がします。
 今月の英語は、そんな大きな春の星座の1つ「Bootes(読み:ボーティス)=うしかい座」の愛称「Herdsman(読み:ハーズマン)」です。 Herdsmanは辞書では“家畜の世話をする人”という訳が出てきます。 うしかい座は漢字で書くと“牛飼い座”ですから、“牛の世話をする人”といったところでしょうか。 ただ、このBootesの語源は不明なことが多いらしく、大きな星座な割にはこのHerdsmanがギリシア神話の誰のことなのか定説は無い様子です。 星図絵では、Herdsmanの左手には「Hunting dogs(読み:ハンティング ドッグズ)=猟犬=“りょうけん座”の愛称」の2匹の犬のリードが握られているので、確かに犬は飼っていたみたいですね!
 猪名川天文台では、この春もいろいろな観望会を企画してみなさまのお越しをお待ちしております。 Great BearやHerdsmanなど春の大きな星座たちを、ぜひ猪名川の夜空から堪能してください!
(まるちゃん)
 
                【Hardsman(うしかい座)】


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報

天の川観測情報  猪名川天文台から見た天の川の写真を追加しました。

彗星観測情報

月食観測情報  1月31日(水)の皆既月食の写真と動画を追加しました。

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報

木星観測情報  5月9日に衝を迎える木星が観望の好機に突入です。

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0292 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2018 Inagawa Observatory All Rights Reserved.